借金解決

担保付き融資の真意を理解する

MASTERチャーリーです。

日々、「中小企業経営危機救済コンサルタント・自己破産させない本舗」として、

法人・個人問わず借金解決の相談に乗ってます。

昨年、19,700円で販売していたマニュアルを無償配布しています→ https://jikohasan-sasenai-honpo/lp

 

相談者の中で、事業をされている方…法人経営者や個人事業主の中には自宅や実家を担保に取られているケースは珍しくありません。

そもそも担保付き融資を受けなければいけなかった時の思考回路を分析してみましょう。

金融機関からこれ以上の無担保融資は無理と断られた。

でも事業展開の上では融資を受けなければ資金ショートしてしまう。

だから更なる融資を受けなければ生き延びる事は不可能。

手持ちの自宅や実家を担保設定した融資なら受けられると金融機関の担当者から耳打ちされる。

やむなく担保物件を提供する。

こんな感じだと思います。

その時は無我夢中で事業を継続させなければいけない一心から担保提供の条件を飲まざるを得なかったと思います。

僕も経営者の端くれですからそのお気持ちはよく分かります。

でも、貸す側の心理をよ〜く考えてみましょう。

 

あなたの会社を本当に応援しているなら追加融資でつなぐはずです。

でも追加融資するにはあなたの会社はリスクが高過ぎる。

あなたの会社を分析しても返済の見込みはかなり不透明。

もう返済はギリギリの状態。

だったら担保を提供してもらい、いざとなればそれを没収すれば換金できるから、それでリスク無く貸してしまおう。

この様な思考回路です。

 

つまり担保を提供しない限りお金を貸せないと言う事は、金融機関は既にあなたの会社に見切りをつけていると言う証です。

担保さえ取ってしまえば、いざという時のリスク回避にもつながる…貸し倒れを回避できるという事です。

「もうおたくの会社、先々の見通しも危ういから、お金貸す代わりに人質よこせ」と言っている様なものです。

それでも事業の存続に専心しているあなたは、この先起こる悲劇を暗黙に葬り去り、契約書に印鑑を押してしまう。

印鑑を押した時点であなたは、無一文になる覚悟をしなければいけません。

 

でも僕に相談される方は口を揃えて「担保物件は残したい」と仰います。

僕の感覚では、「担保を提供してまで続けなければいけない事業って何?」と思ってしまいます。

そもそも担保提供の契約書に印鑑を押した時点で、あなたは経営判断を大きく見誤っていると感じます。

でも各人様々な事情がおありなのでしょう。

僕の仕事はあなたを問い詰める事ではありません。

やってしまった事は仕方ありません。

むしろ、目の前の借金をどう解決する為のお手伝いをするかが僕のミッションです。

 

担保設定を解除するには、最低でも3分の2の金額を差し出さない事には債権者は交渉のテーブルにも着いてくれません。

でも、月々の返済すら窮しているあなたにそんな金額はありません。

月々の返済が重くのしかかってきている。

返済しなければ物件を競売で売り飛ばされてしまう。

でも物件は手放したくない…

そんな都合の良い話はありません。

印鑑を押した時点であなたは無一文になる覚悟を強いられているのですから。

 

でも、ひとつだけ解決法があります。

 

それは。。。担保物件を手放してしまう事です。

「え?」と思われる方も多い事でしょう。

だって、手放したくないから僕に相談されているのですから。

でも僕は敢えて言います。

「担保物件を手放してしまえば、あなたは丸腰です。」

最初に無料でお配りしているマニュアルにも記載しております。

そもそも債権者は担保の価値の範囲内で融資を行わなければいけません。

たとえそれが担保割れしていて債務が残ろうと、あなたに責任は無く、債権者が見込み違いをしているだけです。

債権者の見込み違いを債務者に押し付けるのは極めてナンセンスです。

だからあなたは担保を差し出してしまえばそれ以上の責任はありません。

それでも債権者はあなたに残債を請求してくる事でしょう。

でも、既に担保物件を差し出しているあなたに資産はありません。

残債を返さなければ裁判を起こされる事もあるでしょう。

裁判ではあなたは確実に負けます。

そうすれば次は差し押さえです。

でも、手持ちの不動産を差し出しているあなたに他に差し押さえられるものはありますか?

差し押さえは債権者にとっては回収のための最終手段です。

差し押さえで何も取る物が無ければ、債権者は諦めなければいけません。

 

「担保を差し出して競売に掛けられれば家を追い出されてしまうのでは?」とお考えになる方が大半です。

大丈夫です。

”所有”はしなくても”使用”はする事ができます。

「所有」しなくても「使用」はできる!!

相談者の方によくよく話を聞いてみると、「物件を手放したくない」とは言うものの「住み続けられれば問題ない」と言う方が大半です。

あなたが家の「所有者」から「使用者」に変わったところで周辺近隣に知らされる訳ではありませんし、債権者への月々の返済が無くなりますから、賃料も充分捻出できるでしょう。

あなたに見切りをつけた債権者に過度な返済をするよりも、住み続けたい家に家賃を払うほうが、同じお金を払うにしても後者のほうがはるかに精神衛生上安定するのは容易に想像できると思います。

いつ没収されるか分からない不安に苛まれながらその家に住み続けるのは生きた心地がしないものです。

あなたの”所有”でなくなった家は債権者に取られる心配もありませんから、家賃を払っている限り未来永劫住み続ける事ができます。

でも、この記事を読んで、自力で担保を差し出してしまうと、”使用”すらできなくなる状況に陥る事もあります。

”使用”し続けるにはコツがあります。

そのコツをスキーム実践者にはお伝えしています。

いかがですか?

それでもあなたはまだ”所有”にこだわり、返済に苦しみますか?

 

 

 

 

 

質問・相談はいつでもLINE@からどうぞ♪

友だち追加

ではでは👍

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 借金解決

    借金解決における”正論”とは?

    MASTERチャーリーです。昔はTVなどのマスコミによる発信が…

  2. 借金解決

    久々に債権回収会社と交渉してみました…経験を売り物にする

    MASTERチャーリーです。日々、「中小企業経営危機救済コンサ…

  3. 借金解決

    経営の神様が踏み倒し!?

    MASTERチャーリーです。日々、「中小企業経営危機救済コンサ…

  4. 借金解決

    ブラックリストは存在するの?

    MASTERチャーリーです。日々、「中小企業経営危機救済コンサ…

  5. 借金解決

    債権者が自宅や会社に訪問して来たら?

    MASTERチャーリーです。日々、「中小企業経営危機救済コンサ…

  6. ひとりごと

    ビジネスもプライベートも不得意分野は徹底的にアウトソーシング。。。のススメ

    MASTERチャーリーです。今日は僕が常日頃考えている思考パタ…

最新情報、質問・相談はこちら♪

独自提供プログラム

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

  1. ひとりごと

    仕事とビジネスの違い
  2. 借金解決

    自己破産にはお金がかかる!!
  3. ひとりごと

    断捨離はモノだけにあらず
  4. 借金解決

    LANケーブルの法則から借金問題を考察する。。。
  5. ひとりごと

    家を持つ事のリスクを理解する
PAGE TOP