ひとりごと

副業容認時代での会社員の生き方

MASTERチャーリーです。

政府をはじめ、各大手企業も副業容認の動きが目立っています。

僕からすれば「何を今さら?」なんですが(笑)

副業容認には様々な要因があると思います。

・会社が安定した給料を払い切れなくなった

・世の中の論調が個人のスキルアップに向いている

・年功序列・終身雇用の崩壊

・老後破産への不安解消

・優秀な人材が独立して流出するのを防ぐ為

などなど。。。

 

思い起こせば15年ほど前。。。

大手企業に勤めていた僕は既に副業をスタートさせていました。

もちろん、会社は副業禁止でした。

でも、法律的にとことん戦ったら、

会社側は副業は認めざるを得ないという事を知っていましたので、

結構大っぴらにやってました。

仲の良い同僚は皆、僕が副業してる事を知ってましたね。

儲けたお金で飲みに行って大盤振る舞いしてたので、

会社にリークする輩はいませんでした(笑)

本業でも栄転で社員憧れの部署の責任者を任されました。

 

副業もだんだん規模を拡大していって、

10年前には、サラリーマンでありながら副業を法人化していました。

それで脱サラして、

経営者側に立った今は、従業員には副業を積極的に勧めています。

別に本業に影響なければOKですし、

何より世間を見渡す事で、本人に知見やスキルが身に着きます。

それで社員が独立すると言うなら、

優秀な人材を留めておけなかった自分に度量がなかっただけの事です。

 

ではどんな副業をやれば良いのかと言うと、

「何でも良い」と思います(笑)

よくある転売やアフィリエイトでも良いでしょうし、

お金があるなら不動産投資や株なども良いでしょう。

体力に自信があるなら夜間の肉体労働でも良いでしょう。

僕は、本業とは全く別の業界の仕事をするのがお勧めですけどね。

でも「初めの一歩」を踏み出せない人がほとんどです。

僕のコンサルの経験上、

1万人が副業の情報を知って、

100人が質問や相談をしてきて、

1人がそれを実践する。。。

それくらいの確率です。

ですから副業で1円でも実績が出るなら、あなたは既に1万人に1人の逸材です(笑)

 

だからと言って、独立を勧める訳ではありません。

世の中の事業者の97.3%は10年以内にどこかに消えていきますからね。

事業を10年以上継続できるのは、ほんの3%程度の人間です。

 

だから本業の会社には籍を置いておいて毎月一定収入を得ながら、

副業でプラスオンの収入をGETするのが賢い生き方だと思います。

 

僕はサラリーマン時代の先輩・後輩・同期などど飲む機会もあり、

「お前、楽しそうで良いな~」とよく言われますが、

僕から独立を勧める事はしません。

「良い会社なんだから定年まで勤め上げろ」とは言いますが(笑)

 

独立には向き・不向きがあります。

だから独立したからと言って、全員が全員僕みたいな自由な生活を送れる保証はありません。

むしろ、一定収入が無くなるが故にしんどくなる人のほうが多いですね。

僕のところに借金解決の相談に来る人も脱サラ組が多いのは事実です。

副業は大いにやるべきですが、

独立は慎重に‼

 

副業・脱サラに関する質問・相談はいつでもLINE@からどうぞ。

友だち追加

ではでは👍

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ひとりごと

    ドリームキラーは身内にいる

    MASTERチャーリーです。毎日、10人前後の読者さんと電話コ…

  2. ひとりごと

    情報を受け取って実際に行動を起こす人は0.1%未満

    MASTERチャーリーです。僕も様々な媒体で情報を発信していま…

  3. ひとりごと

    仮想通貨大暴落で自己破産?

    MASTERチャーリーです。こんな記事を見かけました。…

  4. ひとりごと

    1円を笑う者は1円に泣く

    今日は朝から社長仲間の借金の相談に乗ってました。金融機関の借入…

  5. ひとりごと

    「頑張らなきゃ‼️」は迷信

    MASTERチャーリーです。電話でコンサルしてるとよく聞くワー…

最新情報、質問・相談はこちら♪

独自提供プログラム

サプリメントショップ

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

  1. 稼ぎ方

    儲かるビジネス4原則とは?
  2. 借金解決

    次に借入できる様になるのは何年後ですか?
  3. 借金解決

    車や携帯電話の名義貸しで騙されるケース
  4. ひとりごと

    仮想通貨(暗号通貨)は儲かるのか?
  5. 中古車ビジネス

    ケタ車とは?
PAGE TOP