借金解決

借金相談の今後の対応方針→ガイドラインを設定させていただきます

MASTERチャーリーです。

日々、「中小企業経営危機救済コンサルタント・自己破産させない本舗」として、

法人・個人問わず借金解決の相談に乗ってます。

昨年、19,700円で販売していたマニュアルを無償配布してます→ https://jikohasan-sasenai-honpo/lp

 

「破産者マップ」の騒動以来、問い合わせ・ご相談件数が激増しております。

破産者をGoogleMap上で可視化できる「破産者マップ」が話題に←3月19日削除されました。。。だから破産はしちゃいけない!!

このサイトが出現する遥か1年以上前から僕は「自己破産させない活動」を続けております。

借金解決において自己破産が最善の方策ではありません。

自己破産における唯一のメリットは「返せ、返せ」と言われない事だけです。

デメリットは、

・高額な費用(個人で最低50万円・法人では数百万円)がかかる

・財産を丸裸にされ、そのほとんどを没収される

・就ける職業に制限がかかる

・名前も住所も世間に公表され社会的制裁を受ける

→そして今回の様なサイトが出現すれば一生その負い目を背負って生きていかなければいけません。

ですから僕は「現在の日本国内において、自己破産が必要な人など1人もいない」と言い続けています。

 

おかげさまで僕の活動も少しずつ認知されてきて、マニュアルの無償配布も1日に約50人のペースで手に取っていただいています。

1日の電話相談は1時間刻みで7〜8人、LINEでのやり取りは約50人、これが日常です。

もう完全にライフワークとなりつつありますが、さすがに僕も本業で複数のビジネスを手がけながら対応するには限界が来ています。

そこで今回、節目の時期でもありますので借金相談のガイドラインを設けさせていただきました。

 

①LINEでのご相談について

初回のご相談はLINE@にて、有料スキームを実践されている方は僕の個人アカウントにて対応しております。

送信時間は問いませんが、僕からの返信は24時間以内とさせてください。

満遍なくチェックしているつもりではありますが、ごく稀に抜け漏れがあります。

24時間経過しても当方から返信が無い場合は、恐れ入りますが催促してください。

 

②電話でのご相談について

マニュアルに特典として「初回無料電話相談」をお付けしております。

また、有料スキームにお申し込みされた方の電話相談は回数無制限です。

いずれも必ず事前に予約をされてください。突発の対応は致しておりません。

・対応時間は10〜17時です。

・ご相談時間は1時間単位です。

・曜日は問いません。(土日祝日でも対応しております)

・初回のご予約をされる方は電話番号をおしらせください。

たまに「今、電話いいですか?」的なメッセージを送られる方がおられます。

借金問題で居ても立っても居られない気持ちはよく分かりますが、僕の経験上、急を要する案件などありません。

僕にも本業もプライベートもありますので電話は予約のみの対応とさせていただきます。

 

以上2点、僕のこの活動にご理解いただき、ご了承くださいます様、よろしくお願い致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 借金解決

    月25,000円の返済に困る会社員Hさんの事例

    MASTERチャーリーです。日々、「中小企業経営危機救済コンサ…

  2. 借金解決

    借金に時効があるのをご存知ですか?

    MASTERチャーリーです。借金に時効があるのをご存知の方はい…

  3. ひとりごと

    ビジネスもプライベートも不得意分野は徹底的にアウトソーシング。。。のススメ

    MASTERチャーリーです。今日は僕が常日頃考えている思考パタ…

  4. ひとりごと

    家は資産か?

    MASTERチャーリーです。日々、「中小企業経営危機救済コンサ…

  5. 借金解決

    借金問題は相談した段階で8割は解決したも同然

    MASTERチャーリーです。日々、「中小企業経営危機救済コンサルタ…

コメントは受け付けていません。

最新情報、質問・相談はこちら♪

独自提供プログラム

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

  1. 稼ぎ方

    儲かるビジネス4原則とは?
  2. 借金解決

    倒産ラッシュはまだまだ続く
  3. 借金解決

    中小企業の最強・最短でのV字復活はこれ以外にない!!
  4. ひとりごと

    多動力を身につける
  5. ひとりごと

    僕がTVや新聞などのメディアを信じない理由
PAGE TOP