借金解決

借金が返せなくなる事と自殺の間にはたくさんの選択肢がある!!

MASTERチャーリーです。

 

以前に19,700円で販売していた借金解決マニュアルを無料配布しております

https://stop-jikohasan.info/

 

コロナ禍以降、自殺者数が増えているのはご存知ですか?

 

TVでは毎日、コロナの感染者数ばかり報道されていますが、

リーマンショックをピークに減っていた自殺者数が11年ぶりに増加に転じています。

 

数字にするとコロナのトータルの死者数の2倍以上が毎年自殺しています。

 

コロナの合計死者数は今日時点で9,600人です。

 

そのうち約90%は寿命を迎えた高齢者…言い方は悪いですがコロナに感染しなくても死んでいく人達です。

 

一方、昨年の自殺者数は21,000人おり、今年は30,000人を超えるとも言われています。

 

これが日本が先進国の中で「自殺大国」と言われる理由です。

 

しかもこの数え方が2015年あたりから変わってきており、

「24時間以内に発見されて、遺書がある場合」のみ自殺とカウントされています。

 

それ以外は「変死体」として扱われる様になりました。

 

そしてその「変死体」は年間15万人にものぼります。

 

全部合わせると18万人ですよね。

 

無料マニュアルでもお伝えしていますが、

自殺者数と失業率は完全に連動しています。

 

景気が悪くなれば自ら死を選択する人は増えます。

 

 

 

ではなぜお金が無いと死を選ぶのか。。。他の解決法を知らないからです。

 

前回のブログでもお伝えしましたが、

今の日本においては最低限の生活は「生活保護」で保障されています。

 

それでもこれだけの人が死を選択するのは、

生活保護以上の支出を求められているからに他なりません。

 

その支出で1番大きいのは借金の返済ですね。

 

借金を返済できなければ怖い事が起こると思い込まされているからです。

 

かつての僕もそうでした。

 

法人の債務が1億円を超えて、いよいよ資金繰りが厳しくなった時に、

破産しようと数件の弁護士事務所に相談しましたが、

お金が無いと破産すらできません。

 

仲間の経営者に相談しても、

「頑張るしかない」とか「何とか費用を捻出して(破産して)罪を償いなさい」など抽象的なアドバイスばかり。

 

もう罪人扱いですよね。

 

今だからこそ分かりますが、お金の貸し借りはあくまで当事者同士の契約事であり「民事」なんですよね。

 

罪=刑事事件、です。

 

だからお金を返せない事は罪でも何でもありませんし、

借金が返せなくて逮捕された人は見た事ありませんよね?

 

でも、TVのニュースでは、「借金が返せなくて強盗に」とか「借金を苦に自殺」などとはやし立てます。

 

「借金が返せない事=怖い事が起こる」と洗脳を続けます。

 

それがもし本当だったら、現役の1億円の多重債務者である僕はとっくに「逮捕」されて「塀の中」にいます。

 

でも、普通に何不自由なく生活できているのは。。。「(借金解決の)知識」を身につけたからです。

 

だから借金を返せない事は「罪」でも何でもありません。

 

ただ単に、金融機関との契約を実行できなかっただけの事です。

(金融機関はあなたの返済が無くても一切困らない話はまた今度記事にしますね)

 

だから、借金の返済に困ったからと言って、すぐに「死」を選択するのは早とちり過ぎます。

 

その前にやれる事はたくさんあります。

 

詳しくはこのブログを隅々まで読んでくださいね。

 

僕は「陰謀論」の信者ではありませんが、物事は冷静な目で見るように心掛けています。

 

一部では「人口削減計画」なるものがまことしやかに囁かれていますね。

 

僕もまんざら嘘ではないと思っています。

 

僕の周りにも飲食店をはじめとした経営者仲間が苦しんでいるのがたくさんいます。

 

以前、僕がこの活動を始めた頃はソッポを向いて陰口を叩いていた知り合いも、

僕の話を真剣に耳を傾ける様になりました。

 

かつての僕もそうでしたが、経営者と言えども借金解決の体系的な知識を持っている人は1%もいません。

 

資金繰りを自分でやっている社長ですらそうですから、

ましてや(会社員など)普通の雇われの身の人でそういう知識があるのは皆無でしょう。

 

それでもお金を借りる事ができるのが今の日本の怖いところです。

 

欧米では「ノンリコース制度」が一般的です。

 

借りた側の責任は「有限」であって、それ以上は貸した側にも責任があるという考え方です。

 

だから欧米人は借金が返せなくても笑っていますね。

 

間違っても「自殺」の道は選択しません。

 

これが世界的には「当たり前」な考え方です。

 

お金の貸し借りの契約は平等な関係です。

 

貸した側が強いと思っているのは日本人だけです。

 

対等な立場なら色々交渉もできますよね。

 

交渉が面倒なら無視したところで逮捕などされません。

 

「生きてるだけで丸儲け」って明石家さんまが言っているじゃないですか!!

 

本当にそう思います。

 

だから借金が返せないくらいで自殺の道を選んではいけません。

 

でも今の世の中は「コロナ脳」が蔓延しており、支配者層が思考停止状態の人をたくさん作り上げているので、

僕は昨年、『一般社団法人自己破産対策支援協会』を立ち上げて、

この考え方を広げるべく「協会認定アドバイザー」という同志を募っています。

 

僕は自殺など絶対しません。

 

僕が万が一いなくなったら何かしら大きな力に潰されたと思ってください。

 

まぁ、こんなちっぽけなおっさん程度は大丈夫だとは思いますけど(笑)

 

知識が無いって本当に怖い事です。

 

僕はいまだにマスクもせずに夜の飲み屋街をウロついています。

 

情報に振り回されない確かな眼力は持ち合わせたいものですね。

 

では、また。

 

 

 

 

 

質問・相談はいつでも公式LINEからどうぞ♪

友だち追加

ではでは👍

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 大切なお知らせ

関連記事

  1. 借金解決

    借金解決を遠のかせているのは、、、

    MASTERチャーリーです。日々、「中小企業経営危機救済コンサ…

  2. 借金解決

    お金に困りやすい職業特性とは?

    MASTERチャーリーです。日々、「中小企業経営危機救済コンサ…

  3. 借金解決

    弁護士も詭弁をふるう「自己破産させない本舗」の必殺スキーム

    MASTERチャーリーです。ここ数日の話です。マニュア…

  4. 借金解決

    日本人は3S政策により骨抜きにされ「考えない民族」へと仕向けられている!!

    MASTERチャーリーです。大きな権力や圧力に潰されるかもしれ…

  5. ひとりごと

    散財の心理学

    MASTERチャーリーです。あなたが借金を申し込んだ理由は何で…

  6. 借金解決

    転売・せどり系の借金相談が多い理由

    MASTERチャーリーです。日々、「中小企業経営危機救済コンサ…

コメントは受け付けていません。

最新情報、質問・相談はこちら♪

独自提供プログラム

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

  1. 借金解決

    税金の差し押さえは待ったなし!!
  2. 借金解決

    借金解決における”正論”とは?
  3. 借金解決

    スキーム実践のタイミングを間違えると根こそぎ持って行かれます:公務員Tさんの事例…
  4. ネットビジネス

    アフィリエイト成功の鍵とは?
  5. 借金解決

    銀行が行う融資行為は「投資」
PAGE TOP