借金解決

車や携帯電話の名義貸しで騙されるケース

MASTERチャーリーです。

日々、「中小企業経営危機救済コンサルタント・自己破産させない本舗」として、

法人・個人問わず借金解決の相談に乗ってます。

先月まで19,700円で販売していたマニュアルを無償配布してます→ https://noneed-jikohasan.com/lp

 

相談者の方でよくあるケースが名義貸しで騙されたというケース。

車や携帯電話を契約して、謝礼を受け取って、

現物は仕掛け人の手元に行き連絡が取れなくなり、

債務だけがその名義の人に残るケースです。

 

このケースは2つに分けて考えなければいけません。

まず、債務について、、、金融機関とはその(騙された)方の名義で契約してるので、

返済義務は残ります。

債務を消したければ僕のノウハウを実践する事も可能ですが、

以後、携帯電話の場合は機種変や新規契約ができなくなりますし、

車の場合はローンが組めなくなります。

 

もうひとつは仕掛け人と名義人との関係性です。

これは明らかに「騙された」という事になりますが、

仕掛け人を裁判で詐欺を訴えるにしても、

謝礼を受け取っている以上は共犯とみなされる場合もあるので、

刑事裁判を起こさず泣き寝入りするケースがほとんどです。

大体、仕掛け人の行方が分からなくなってるので所在も掴めませんね。

警察庁のHPにも、名義を貸した者は6月以下の懲役又は100万円以下の罰金になると明記があります。

クレジット会社や消費者金融をだましてお金を借りている事になりますので、

名義人も詐欺に当てはまります。(刑法第246条)

僕から言わせれば「そんなオイシイ話は無いので、騙される側にも責任がある」という事になります。

 

金融機関との関係は「民事事件」、

仕掛け人との関係は「刑事事件」になりますので切り分けて考えなければいけません。

 

返済については金融機関は容赦なく名義人に請求してきます。

金融機関にとっては名義人が騙されたかどうかは知った事ではありませんからね。

契約書に記載されてる名義人に請求・督促するのは当然の事です。

 

もし「あなたの名義で契約して、あとから〇〇万円渡す」といった類の話を持ちかけられたとしたら、

ほぼ100%詐欺ですし、名義を貸したらあなたも違法性を問われますので注意してくださいね。

 

 

 

質問・相談はいつでもLINE@からどうぞ♪

友だち追加

ではでは👍

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

ピックアップ記事

  1. 大切なお知らせ

関連記事

  1. 借金解決

    日本の連帯保証人制度とサービサー(債権回収代行会社)の歪んだ実態

    MASTERチャーリーです。日本の保証人制度はおかしいものです…

  2. 借金解決

    返済不能と破産・倒産の間には様々な選択肢が存在する

    MASTERチャーリーです。日々、「中小企業経営危機救済コンサ…

  3. ひとりごと

    依存体質からの脱却が、自立への第一歩

    MASTERチャーリーです。経営者の方から借金相談を受けている…

  4. ひとりごと

    住宅ローンは最も優れたビジネスモデル

    MASTERチャーリーです。借金の相談者の方の大半は住宅ローン…

  5. 借金解決

    多重債務に陥りやすい傾向チェックリスト

    MASTERチャーリーです。日々、「中小企業経営危機救済コンサ…

  6. 借金解決

    「交渉」と「お願い」は別のもの

    MASTERチャーリーです。日々、「中小企業経営危機救済コンサ…

コメントは受け付けていません。

最新情報、質問・相談はこちら♪

独自提供プログラム

ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ

  1. 借金解決

    転売・せどり系の借金相談が多い理由
  2. 借金解決

    社長の本分とは?
  3. ひとりごと

    退職・転職をなぜためらうか?
  4. 借金解決

    一度掴んだら手放したくない理由
  5. 借金解決

    税金の差し押さえは待ったなし!!
PAGE TOP